朝ごはん、摂りましたか?

こんにちは。こんばんは。
PHILOS事務局のいちぜんやです。

突然ですが、あなたは今朝、朝食・朝ごはん・breakfast・blunchまで含むとして、食事をとってきましたか?

私の家では朝ごはんの用意担当は私。ひどい二日酔いでもない限り、月曜から金曜までビシッと献立が決まっていて、しかもなかなかのボリュームの手料理がテーブルに並びます。まるで晩御飯のよう(笑)そして家族全員※犬たちを含む、で食卓を囲むのが日常の朝の一コマになっています…

朝ごはんの定番というと何でしょう。コーヒーとトースト。ごはんとみそ汁。シリアルをミルク。ライフスタイルによってさまざまだと思います。朝ごはんが必要か否かには議論があるようですが、現代の日本人、たいていは栄養過多ですから必要だという意見にはちょっと首をかしげます。

が、うちは毎朝、しっかりと食べます!!!しかも私が作っています。

メインは月・水・金が肉系で火・木は魚系。大まかには、月曜日:ブタ肉、火曜日:鮭、水曜日:卵料理とベーコン・ウインナー、木曜日:鯖、金曜日:トリという流れ。前日の夕食とメインが被る場合は入れ替わることになります。

水曜以外はこのメインに、炊き立てのごはん、5種野菜のサラダ、具沢山のみそ汁、冷ややっこ、黒豆か納豆、明太子がつくのが鉄板。水曜日はご飯に代わってパン、みそ汁に代わってスープ+α。こんな朝食を家族3人そろって食べるのが我が家の習わしです。加えて、〆には中煎り、粗挽き豆を丁寧にドリップした、透き通るようにきれいで酸味の強いコーヒーが出ます。お腹も気分も満腹間違いなし!

もう30年以上も前の大学生のころ、親戚が経営していた喫茶店を朝6時から9時の早朝だけ任せてもらってました。自然と私はモーニングサービスの専門に。トーストからサンドイッチ。和食に焼きそば。できるものは何でも手際よく作って提供していました。

5時45分から準備して6時には店を開け、7時前には30席ほどが満席、それから1時間ほどは入れ代わり立ち代わりで満席が続きます。その間、水だしから注文取り、料理、配膳、会計、片付けまで一人でやってました(笑)

その時に仕入れや仕込みといった準備(段取り)と片付けがいかにが重要かということを嫌というほど知りました。お客さんはこれから会社へという人、夜勤明けや飲んだ帰りの人、やたらと早起きのお年寄りで7割は常連さんでしたが、皆さん典型的な関西人でせっかち。ちょっとまごつくだけで会社に遅れるだの、約束に間に合わないだのクレームを言われて…いつもはいい人なのに(笑)

今の朝食づくりはほとんど趣味の世界です。日曜の夕方にのんびりとスーパーに仕入れに行って夜に仕込んで…そして朝になればいつもの場所にあるいつのも調理道具や調味料、お皿を使って手際よく食事を作って出して…家族3人分+犬の食事などお茶の子さいさいです。

と傍を見ると、早朝からあをいさんがクラスの準備をしています。本部から仕入れた素材に、関連する単語や情報を仕込んで次々に教材を仕上げていきます。その一連の作業はまるで私の料理と同じ(笑)

我が家は作るものの違いこそあれ、毎日毎日、そんなことをしている似た者家族なんですね。ちなみに平日の夜は忙しいので簡単なものや鍋料理、加えて外食が多いのが実情です。

最後に。あなたはすでにあをいさんのクラスを楽しんでおられますね。なので機会があればいつか私のモーニングサービスも楽しんでくださいませ。こちらにも満足すること請け合いです。要、予約!

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る