Grumpy Grandpa 野村克也さん死去

野村克也さんが、虚血性心疾患で亡くなられました。84歳でした。

Katsuya Nomura died of ischemic heart failure in Tokyo on Feb. 11. He was 84.

戦後初の三冠王獲得をはじめ(65年)本塁打王9回。打点王7回。首位打者1回など、名捕手として一時代を築かれました。

Nomura was an outstanding catcher (名捕手)as well as an ace slugger(強打者) and fielder(野手), amassing 657 home runs and 2,901 hits. Both are the second most in Japanese professional baseball history.

Nomura was one of the most prolific batters in the history of Japanese baseball.

※amass=寄せ集める、積む、蓄積する、ため込む

※prolific=(スポーツ選手が)多くの勝利をあげる/多作の

1989年には殿堂入りされます。

He was inducted into Japan’s Baseball Hall of Fame in 1989. 

※be inducted =(正式の手順で)組織・会の一員と認められる。

※Hall-of-Fame=(ある分野において傑出した人物を記念するための)殿堂  

※殿堂入りした人、選手はhall of famer

輝かしい成績にもかかわらず、パリーグは、花形選手ぞろいのセリーグの影でした。

Despite Nomura’s achievements, his team and the Pacific League in general were overshadowed by the star-studded Central League, which featured such legends as Sadaharu Oh and Shigeo Nagashima of the Yomiuri Giants.

※overshadow=影を薄くする、~の重要性を奪う、 ⇒eclipse

star-studded=①星が沢山の②スター勢ぞろいの studは飾り画鋲/動詞でちりばめる

ノムさん語録:
「王や長嶋がヒマワリなら、おれはひっそりと日本海に咲く月見草だ」

“If Oh and Nagashima were sunflowers, then I would be an evening primrose opening up inconspicuously along the Sea of Japan.”

そして監督=manager/skipperとしては、選手兼任の南海時代にリーグ優勝、9年間のヤクルト時代にリーグ優勝4回、日本一3度を果たしました。

As a manager, he led the Hawks from 1970 to 1977 and later skippered the Yakult Swallows to four Central League and three Japan Series titles in the 1990s. He went on to manage the Hanshin Tigers before his final stint with the Eagles.  

※stint=特定の仕事についやす一定の期間⇒tenureもあった。

データを重視する「ID野球」や、戦力外通知を受けた選手を採用して再活躍させる「野村再工場」で知られました。

Nomura reformed Yakult’s play by analyzing streams of data on the team’s rivals.

IDはImportant dataの略とのこと。ID野球はNomura’s data-driven strategies as a managerとか、with an emphasis on data-oriented baseballと表現されていました。

He was also known as a “regenerating factory” for his ability to revive the careers of players who had been let go by other teams.

※戦力外通告は野球用語ではDFA=designated for assignment

outspoken=歯に衣着せぬ 彼女(後の夫人)が元で、監督を解任になったこともありました。

Sachiyo inserted herself into the day-to-day operations of the team, ensconcing herself in the manager’s office and barking orders to the players. ←南海時代

※ensconce=快適に落ち着いて座る ensconce oneself=神輿を据える、いりびたる

Nomura resigned after his second wife was convicted for tax evasion. (脱税で有罪となる)  ←阪神時代

「マー君、神の子、不思議な子」といった独特のつぶやきが見出しになるような、ぼやきのノムさん。

He was affectionately called the “grumpy grandpa”(ぼやきおじさん)

※affectionately=愛情をこめて

※grumpy=気難しい、むっつりした  動詞:grumble=ぼやく 

ノムさんの死亡記事=obituaryは、New York Timesでも、戦後の日本の野球界の大黒柱として異例の特集が組まれていました。

Katsuya Nomura, a mainstay of the baseball world in postwar Japan who was one of the country’s greatest catchers before going on to a long second career as a manager, died on Tuesday in Tokyo.

※mainstay=頼みの綱、大黒柱、要

“Nomura minus baseball equals zero,” he once said. “There would be nothing left if you take baseball away from me.”

「俺から野球を取ったら何も残らないよ」

この生涯一野球人という言葉が似合うノムさんを、NYTではこのように表現していました。

Baseball remained in his blood until the end.

※in someone’s blood=体に染みついている[の一部になっている]〔資質・性格などが〕親譲り[血筋・血統]である

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る