ヘンリーとメーガン主要王族から離脱

英国のヘンリー王子とメーガン妃夫妻が主要王族の地位から退き経済的に独立すると、電撃発表しました。

Prince Harry and Meghan drop royal bombshell announcement (見出し)

SNSより:“We intend to step back as ‘senior’ members of the Royal Family and work to become financially independent, while continuing to fully support Her Majesty The Queen.”

※主要王族はsenior royalの他、working royalとかfull-time royalも  
※Megxit Causes global UproarとMeghanとexitをかけた語もありました。

上司である女王のために公務を行わなければならない王族。英国ロイヤルはしばしば会社に例えられます。自由派の二人のこの決定は、前からありそうなことだったともいわれます。

There’s a reason the British royal family is called “the firm” and that Queen Elizabeth II is often referred to as “the boss” behind palace walls: Everyone on the payroll works for her as head of state.

※on the payroll=給与支払い名簿に載って、雇われて

Harry and Meghan’s decision has been on the cards for some time.

※be on the cards=ありそうな、起こり得る、起こりそうな 

母ダイアナ妃がパパラッチに追われて亡くなったヘンリーは、メディアからの注目を嫌っています。

Last October, Prince Harry and Meghan publicly revealed their struggles under the media spotlight. Harry and Meghan have grown increasingly uncomfortable with constant media scrutiny.

※scrutiny=精密な調査、精査、吟味

Harry has complained bitterly of racist undertones in some media coverage of his wife, who is biracial.

※undertone=小声、押さえた声/〔意味や意図の〕底意、含意
※biracial=〔特に白人と黒人の〕二人種の

Prince Harry also released a statement, saying: “I lost my mother and now I watch my wife falling victim to the same powerful forces.”
  

※fall victim to=〔不幸な出来事の〕犠牲になる、餌食になる

しかし、事前に相談のない発表は女王にとっては不意打ちでした。

The couple blindsided the queen and the other Windsors when they said they wanted to lead a more independent life  – a move that had hurt and disappointed the family.

※blindside=無防備なところを襲う、不意打ちを食らわす。blind sideは、名詞で、死角、盲点、ラグビーでスクラムの位置からタッチラインまでの狭い方

英王室は緊急会合で徹底的に議論を行い=thrash outその結果、「殿下・妃殿下」を使わないこととなりました。

Harry and Meghan will no longer use ‘His and Her Royal ighness,’ Buckingham Palace says.

サセックス公爵・公爵夫人=The Duke and Duchess of Sussexという呼び方は継続されます。

※イギリス爵位:①公爵(Duke)デューク ②侯爵(Marquess)マークィス ③伯爵(Earl)アール ④子爵(Viscount)ヴィカウント  ⑤男爵(Baron)バロン ⑥准男爵(Baronet)バロネット ⑦ナイト爵(Knight)ナイト  
※countは英国以外の伯爵に使う。

ヘンリ―は皇位継承6位です。

Harry is sixth in line to the throne – behind Prince Charles, Prince William and his three children.

今回の発表について、メディアからは、わがままで身勝手だと批判の声が多く聞かれます。

“Rogue”, “petulant” and “having your cake and eating it” were among the more notable phrases in circulation.

※rogue=ならずもの、詐欺師、(おどけて)いたずらっ子
※petulant= (ささいなことに子供っぽく)怒る、すねる、短気な、こらえ性のない、だだっこのような
※have one’s cake and eat it too=矛盾する二つのことを両立させる⇒いいとこどりする。
【直訳】ケーキを残しておき、かつ食べる
You can’t eat your cake and have it おいしいとこどりはできませんよ。というように使います。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る