中村哲医師、殺害される

アフガニスタンで長年復興に携わり、尊敬され愛されていた医師の中村哲さんが、待ち伏せ銃撃され、亡くなりました。

A shooting ambush in eastern Afghanistan killed a apanese physician and aid worker widely respected and beloved in the war-scarred nation.

※ambush=待ち伏せして奇襲する事、不意打ち

※physician=内科医  ※外科医だとsurgeon

※war-scarred nation=戦争でscar(傷跡を残す)した国 →ravaged/devastated/torn等もOK

車のフロントガラスには銃弾の穴がありました。

Photos from the scene showed a white pickup truck with at least three bullet holes in its windscreen. 

※pickup truck 〔後部荷台が無蓋の〕ピックアップ[軽・小型]トラック

※windscreen=wind shieldの英国的表現 フロントガラスは和製英語

ハンセン病=leprosyの治療でアフガニスタンに入った中村さんは、水が原因で亡くなる人々を目の当たりにし、医療よりまずは水だと、干ばつに見舞われた地域=drought-ridden areas of Afghanistanで、井戸=wellを掘り、灌漑用水路=irrigation canalの建設に尽力しました。

Tetsu Nakamura brought irrigation techniques to regions, transforming them from desert to lush farmland.

※irrigation=灌漑、水を引くこと

※lush=青々とした、みずみずしく茂った、豊富な

医者を超える人道主義者a humanitarian who was more than a doctorへの卑劣な行動に、怒りと悲しみに声があがりました。

A spokesman for Afghan President strongly condemned “the heinous and cowardly attack” on Afghanistan’s “greatest friend”.

※heinous=憎しむべき、極悪の、凶悪な

※cowardly=①臆病な、いくじのない⇔brave ②卑怯な、卑劣な

犯行声明は出ていません。

No group has claimed responsibility for the attack.                                                                                                                               

中村さんは現地の人と友達になる事が、武器を持つよりも、何よりのセキュリティだと考えていました。

“The best way is to befriend everyone. That’s surprisingly more effective than carrying a gun. Gaining trust from local people was the best security.” he said.

※befriend=友達として助ける、困っている人を友、味方として力を貸す、世話をする。ちなみにdefriendは(SNSの友人リストから)削除する

前月には、アフガニスタン政府から、名誉市民権が授与されたばかりでした。

The attack came just weeks after the Afghan government awarded him honorary citizenship in October in recognition of his longtime medical assistance and irrigation projects in the landlocked country.

※landlocked=内陸の、陸地で囲まれた

日本に帰る前に、棺は、アフガニスタンのガニ大統領らによって運ばれました。

The Afghan government held a ceremony at an airport in Kabul, with President Ashraf Ghani joining soldiers to carry Nakamura’s coffin wrapped by the country’s flag toward a plane.

※coffin=棺

※棺に付き添い担ぐ人はpall-bearer                                                                                                                                                                        

アフガニスタンでの仕事は、危険に満ちています。

The work in Afghanistan has been fraught with danger.

※fraught=~を伴った、~に満ちている、~をはらんだ with

国際的な支援グループに対する武力攻撃も、日常的だと言われます。

Armed attacks against international aid groups are part and parcel of life in the country.

※part and parcel=本質的な部分、要点 

中村哲さん ご冥福をお祈りいたします。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

ニュースで英語を学べば英語力と知識力が同時に身につきます。この合理的な学習法で身につけた英語を、知的・端的・実用的で品格のある「大人英語」と呼びます。

PHILOSニュース英語は、 この「大人英語」を身につけたいあなたに向けて、通学コースとオンラインコースをご提供する本格派の英語学校です。どちらのコースも、 茅ケ崎方式と通訳翻訳者育成法を重ね合わせた独自のメソッドによる濃厚な内容になっています。

通学コースには初級、準中級、中級、上級があり、英検1級合格・TOEIC900点を目指す中級が全体の50%を占めています、また社会人が全体の90%以上を占めています。

通学が可能な方は大阪梅田の各駅から地下道経由で徒歩3-8分の教室がおすすめ。時間や場所に縛られずに自由に学びたい方はオンラインコースがおすすめ。初級、準中級、中級、上級をミックスした講座を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る