About Me

こんにちは、こんばんは。PHILOSニュース英語CEOの渡邉一善です。私は実用英語の学習支援のプロです。なぜ私が「実用英語」と「学習支援」にこだわるかの話をさせてください。

そもそも世の中には「割りに合うもの」は非常に少ないと考えています。特に英語の学習は割に合わないことの典型だと考えています。有限な時間を費やして勉強しても確実に成果が出るとは限らないし、すぐに忘れてしまうかも知れない。たとえ身につけたとしても、使う機会がやってこないかもしれない。私はそんな無駄な時間なら、例えば大切な家族と過ごした時にどんなことができただろうと、よく思いを馳せます。

それでも何かの理由で英語を身につけないといけない。または身につけたい。もし私がそんな状況に置かれたら、間違いなく、目標にたどり着くのにもっとも合理的な方法を選びます。

私の英語学習と成果は…

ところが実際の私は全く違う方法で英語を学びました。典型的な「読み書き」型です。英語に力を入れている学校に通っていたのでかなり頑張った記憶があります。それもあって、英語を使った仕事につきたいと思い、就職活動では背伸びして外資系企業に挑戦。が、面接官の英語での質問が理解できず、無回答のまま撃沈。

その後、海外との取引が多い日本企業から内定をもらいましたが、聴く話す力不足を指摘される始末。やむなく大学4年の終盤はベルリ〇ツという英会話学校に通うことに。そこで数十万円を費やしました。

その甲斐あってか入社一年目から海外出張したり、英語でプレゼンしたりと楽しく過ごしていましたが、上司とそりが合わず5年で退社。会社員は不向きと自分で決めつけて独立起業し青年実業家の端くれになりました。その後、しばらく英語から離れていましたが英語に触れていたいと気軽な気持ちで駅前留学。ここでも数十万円を費しました。

当時の英検準1級程度の英語力にたどり着くのに10数年と100万円を軽く超える授業料負担。この方法、人様には教えられません。合理的とは程遠いと、自分でも笑ってしまいます。

茅ヶ崎方式との出会い

そんな私ですから、通訳翻訳者になるといって英語を再学習していた妻が「英語学校をやりたいから手伝って」といってきた時には超ビックリしました。とても熱心に言うので反対こそしませんでしたが本音はネガティブ。「人は集まるの?成果なんて本当にだせるの?」なんてお手並み拝見くらいの感じでしたが…

CEOという立場上、茅ヶ崎方式学習法とはなんぞやという説明を受けることになり、はじめは「なんで茅ヶ崎やねん」と少し揶揄しながら聞いていました。が、説明が進むにつれて背筋を正して「うんうん」「なるほど」と…

こんな学習法があったとは!かつて私が歩んできた英語学習の道は何だったんだろうか。野球で言うなら「練習中に水は飲むな」「うさぎ跳びで階段をあがれ」といった巨人の星の世界(古いですね)から、「水分は適度に取って」「うさぎ跳びはひざを痛めるので禁止」といった現代にタイムスリップしたような、まさに衝撃的でした。

私って単純です。つまりは妻にクロージングされてしまいました。そして「この学習法はみんなに教えてあげないといけない。第二、第三の私は生まないぞ!」と英語講師でもないのに張り切ってしまい、それ以来、この仕事にどっぷりとつかって今に至っています。

私があなたにしてあげられること…

超合理的な茅ケ崎方式英語学習法をあなたにお伝え出来ます。そして茅ケ崎方式英語学習法を実践するための学習機会、学習コンテンツを提供できます。これによってあなたはもっとも合理的な方法で目標に到達することができます。あなたの英語力が確実にブレイクスルーします!このお手伝いが私の仕事です。

このブログのトップでは「茅ヶ崎方式英語学習法」の動画を無料で提供すべく製作中です。まずはこれを見てあなたがピンと来るかどうかです。

ピンときたあなたは、次にブログのコンテンツを見たり聞いたりしてください。今週のリスニングでは実際の音声教材を聴くことができます。CLOSE-UP WORDSでは最新の英語表現を知ることができます。ラジオバックナンバーでは実際のクラスの仮想体験ができます。どれも実用英語の習得につながっています。

そして、「面白そう。どっぷりと浸かって本格的に学ぼう」ということになったら梅田の教室にお越しください。通学が無理ならZOOM受講も可能です。さらに自主学習用にオンデマンドのトレーニングコースまで用意しています。

実用英語とその学習法…

実用英語とは実際に使える英語のことです。例えば英会話に加われるとか、英字新聞が読めるとか、英語で映画が楽しめるなんて言うのもこの中に入ります。友達と英語でメールし合ったり、電話で話したりするのは実用英語の王道ですね。機会がある人なら英語でプレゼンなんて言うのもいい。

実用英語とは、言い換えればコミュニケーションツールとしての英語のことです。試験英語とは異なる英語です。

また、実用英語力は英語の体幹ということが言えます。実用英語が身についた上に英検対策などを講じれば、合格もすぐ手に届くようになります。

では実用英語の学習法は何が違うのか。簡単に言えば、順番が違う。使う単語が違う。テーマが違う、復習方法が違う、となりますが、詳しくは動画を見てください。

もう一つ忘れてはいけないのがスピード。実用英語を学ぶとその成果がすぐに出ます!特にリスニングの上達がすごい!だから英会話の上達に直結!

まさに「実用」の英語なのです。あなたがこの実用英語を身につけるお手伝いをするのが私の仕事です。

学習支援について

なんだかんだと言ってきましたが、私の本音は「教室に通ったからといって英語ができるようになるなら苦労はしない。結局は勉強なんて一人でやるものだ」です。もし習って英語ができるようになるなら、英会話学校に100万円以上を費やした私は英会話の達人になっているはずです。でもなっていない!

PHILOSではクラスでの学習①に対して自立学習(主に復習)⑨の割合がよいとと考えています。そしてクラス学習をしっかりやるだけでなく、大半の時間を占める自立学習をしっかりやるように、その方法も含めて指導しています。英語力が上がるかどうかは、結局のところこの自立学習が決めています。ここに重きを置いて学校を運営しているので、私は学習支援のプロを自称しています。

クラス学習:自立学習=1:9の副産物として授業料が安い!こともPRしておきます。人に何かを教えてもらうには多大なお金が必要ですが、私(実際は8人の講師たち)は必要最小限しか教えませんのでリーズナブルです。私の言う合理的の意味を分かってもらえましたか?そう、「短期で成果、安価で成果=割に合う」という意味です。

私は陸上短距離走をしています。51歳の時に初心者からはじめて昨年はマスターズの100メートルで日本ランク3位(54歳の部)でした。これってすごくない?(自慢です。失礼しました)この競技を通して学んだのが、人を伸ばす指導は、理想のカタチを教える、そうなるための具体的なトレーニング法を教える、少しだけ個別にアドバイスする、あとは自主性に任せる、ということでした。因みに私の陸上スクールのコーチは、ヘッドコーチが100メートル×4リレーのオリンピック銀メダリストAさん。そして担当コーチが走り幅跳びで日本選手権を3度制したAさん。お二方ともに「極めた」超一流の人たちです。因みに会費は月に3回90分で1万円ほど。やはり、リーズナブル!

ブログは毎週更新しています

私のこのブログは毎週更新しています。主にクラスで使用した教材の一部をシェアするようにしています。ぜひあなたにも活用してもらいたいと思っています。

中でも特に人気があるのはCLOSE-UP WORDSです。最新のニュースをピックアップし、その記事の中で使用された気になる英語表現を紹介するものです。学校では教わらない、でも英語のニュースには普通に使われる英語がいっぱいで、面白い、役に立つと評判です。いちどお試しあれ。

毎週水曜日にニュースレターで更新内容をお伝えするようにしています。このページからも読者登録ができますのでぜひお済ませください。もちろん無料です。

通称、いちぜんやです。

PHILOSでは、私はいちぜんやで通っています。妻が代表講師を務めており、小さな学校に渡邉が二人もいると紛らわしい事態が起きてしまうので私は「いちぜんや」、妻は「AWOI」で通しています。私に御用の際は「いちぜんやさんに」とご用命ください。

いちぜんや、略歴

  • 1965年、京都市生まれ
  • 同志社大学法学部法律学科卒
  • 伊藤忠ファッションシステム㈱入社
  • 1993年、㈱ゼロンを設立
  • 1997年、PHILOS/茅ケ崎梅田校開校
  • 専門:英語教室の開校支援と集客支援
  • 趣味:陸上競技とラグビー、ゴルフ
  • 家族:妻、娘、犬2頭

いちぜんやにコンタクトを取りたい方はこちら

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る