教師のバトンプロジェクト、炎上

霞が関で働く文部科学省の若手官僚と言えば、日本で最も優秀で、もっともよく働く人たちのグループといえるのではないでしょうか。そんな彼らが考えたプロジェクトがちょっぴりズレた結果、逆炎上。

今回のニュース、笑ってはけないのでしょうけれど、両者の感覚のずれに思わず笑ってしまいそうなくらいです。どちらも悪気はないと思うのですが…

プロジェクトを立案した若手官僚は仕事にやりがいと魅力を感じながら打ち込んでおられるのだと思います。また先生方もきっとそうで、もし学生に直接聞かれたら「いろいろ問題はあるけれどやりがいのある仕事だよ」とポジティブに答えたのではないでしょうか。でも監督官庁のあまりのお気楽さに「役人に踊らされたくない」「現場のことをもっと真剣に考えろ」と不満が爆発したのでしょう。分かる気がします。

今回もC3:上級からのピックアップですが、そんな背景を踏まえながら楽しんでいただければと思います。

【ニュース音声はこちらから】

高1の娘を持つ保護者の目で観察するに、いまどきの先生は親からの要望、学校からの要望、もちろん生徒からの要望も山積みで大変そうです。しかもあまりリスペクトされていないよう…

どう見ても個人で解決できる問題ではなさそうで、これらの問題解決はそれこそ監督官庁である文科省の腕の見せ所。それができる仕事だからこそ the profession is rewarding and attractive. なのではありませんか?

とにかく頑張ってください、官僚のみなさん!そしてもう少しの間、耐えてください、先生方!

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

英会話の輪に入りたい。でも自信がない。あー、どうしよう…

あなたは、英語を話すチャンスを目前にしながらそんな風に思って尻込みしてしまったなんて経験はありませんか? すっごく後悔しますよね。私にも経験があります。

英会話は聞くと話すのミックスですが、きっとあなたは英語を聞くのが苦手。それが原因で英会話に苦手意識を持ってしまったのでは?

もしそうなら解決できます!

リスニング力はコツコツと地道に努力した人に宿ります。一方で、リスニングのトレーニングを一人で行うのはとても難しいもの事実です。そんなあなたのために、PHILOSは一人でリスニングのトレーニングができるツールをご用意しました。その名も”茅ケ崎plusのオンデマンドレッスン”。

”茅ケ崎plus”で鍛えればあなたもリスニングが得意に!

リスニング力が身についたあなたは、もたもたしていたあなたとはまるで別人。英会話の輪に飛び込んで周りを驚かせましょう。それってとっても気持ちいい!

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る