今年の流行語大賞、候補決まる

最も話題となった言葉を選ぶ『現代用語の基礎知識選2020ユーキャン新語・流行語大賞』のノミネート30語が発表されました。今年はコロナ関連の言葉が半分です。

Expressions related to the COVID-19 pandemic comprised half of the 30 terms nominated as buzzword of the year for 2020.

※comprise=構成する

※buzzword=①専門用語 ②専門用語がテレビや新聞で多用されて流行語になったもの。 buzz=がやがや言う

例えば三密=密閉、密集、密接や、アベノミクスのダジャレでもあるアベノマスク。

The public became familiar with “sanmitsu” (the three Cs) amid frequent calls to avoid confined spaces, crowded places and close-contact settings.

“Abenomask,” which means “Abe’s mask” in Japanese and is a pun on former Prime Minister Shinzo Abe’s signature “Abenomics” economic policy mix, refers to the government distribution of two free washable cloth masks to all households in the nation as COVID-19 spread in late spring.

※pun=しゃれ、語呂合わせ、ダジャレ

営業中の店に張り紙を張るような嫌がらせを指す「自粛警察」もノミネート。似たような行為はマスク警察、帰省警察、他県ナンバー狩りなどもありました。

Among the candidates were also less positive words such as “jishuku-keisatsu” (self-restraint police), used to refer to a group of civilian vigilantes who pressured others to shutter their businesses or avoid going out.

(店を閉じるように、あるいは外出をしないように、他人にプレッシャーをかける民間の自警団員)

※vigilante=自警団活動員、自分を正義と考えて制裁を下す人

コロナ関連の他のノミネートには、新しい生活様式=new normal、在宅勤務=telework/telecommute。workation (work+vacation)や、stay home、online〇〇(帰省や里帰り等)などがありました。

コロナ関連外には、日本学術会議の6人の任命を菅首相に拒否した説明に使われた「総合的、俯瞰的な」もありました。

Buzzwords unrelated to the virus included the phrase “sōgō-teki, fukan-teki” or “a comprehensive and bird’s-eye view,” which has been used by Prime Minister Yoshihide Suga to explain his controversial rejection of six academics nominated to sit on a government advisory panel.

※comprehensive=包含的な、範囲の広い →overall, all-embracing

※bird’s eye view=鳥瞰図,(高い所から見渡す)全景

韓流ドラマの『愛の不時着』=英語タイトルはCrash Landing on Youや、鬼滅の刃=Demon Slayer、Uber Eatsや、solo camp、『あつまれ動物の森』=Animal Crossing 、Black Lives Matter、Go To キャンペーンもノミネート。レジ袋=plastic bagが有料となった後に増えたスーパーのかごを持ってかれるカゴパクも今年の現象でした。

ベスト10は12月1日に発表されます。 

The top 10 will be announced on December 1st.

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る