流行語大賞に「そだねー」

今年の流行語大賞に、平昌オリンピックで銅メダルを獲得したカーリング女子チームの「そだねー」が選ばれました。

今週の”Close-Up Words”は、そんな”そだねー”なニュースから…

 

2018ユーキャン新語・流行語=buzzword大賞が発表され、年間大賞には、平昌五輪で銅メダルを獲得したカーリング女子日本代表チームが試合中に話していた「そだねー」が選ばれました。

“Sodanē,” a shortened form of sō da ne (that’s right) was popularized by Japan’s female curling team during the Pyeongchang Olympics.

言語学者= linguist は、作られた言葉ではなく、自然に生まれた言葉でワザとらしさがない。今の日本が必要としているやさしさと穏やかさがある。

“This term wasn’t coined — it’s a natural expression and thus is free of fakeness.”

coin =新語などを作り出す

It has a touch of “gentleness and mildness — something that today’s Japan needs the most.”と絶賛でした。

 

トップ10入りの中には以下のことばがありました。「半端ないって」(サッカーW杯ロシア大会で活躍した大迫勇也選手を称賛する言葉)これは awesome の他、incredibleamazingtremendousmarvelous などに訳されていました。

「災害級の暑さ」disastrous heatwave

 

「ごはん論法」(「朝ご飯を食べた?」という質問に、パンは食べたけどお米のご飯は食べていないので「食べていない」とわざと答えて論点をずらす方法)

“Gohanronpō” (“rice reasoning”) refers to a political tactic of dodging a question by intentionally misinterpreting it.

その他は、eスポーツ、おっさんずラブ、スーパーボランティア、奈良判定、ボーっと生きてんじゃねえよ!、#MeTooとのこと。

最終候補30= a short list of 30 の中で、茅ヶ崎ニュースでも取り上げらえていた言葉には「あおり運転」 tailgating 、「悪質タックル」 cheap shot 、「GAFA(ガーファ)」 Google 、Apple、facebook 、Amazon の頭字語がありました。

来年はどんな言葉が現れるのでしょうね!

 

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

PHILOSニュース英語は、英語学習の王道、”リスニング”を重視した本格派英語学校です。

茅ケ崎方式英語学習法を土台に通訳者・翻訳者育成法を加味した独自のメソッドで、英検やTOEICといった試験対策からビジネス英語まで、本格的な英語力が身につきます。

入会には、英検2級以上、TOEIC550点以上の英語力が必要で、英検1級、TOEIC900点を目指す上級者が全学習者の50%を占めています。

大阪梅田の各駅から地下道経由で徒歩3-8分。安全に快適に通学できます。

HOMEPAGE

お問い合わせ

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る