ブログのコンセプト

こんにちは、こんばんは!PHILOSのいちぜんやこと、渡邉一善です。ようこそ私のブログにお越しくださいました。あなたを歓迎します!

最初にヒストリーを紹介させてください。

かれこれ20数年前、妻のAWOIさん(現PHILOS代表講師)が私の会社の会議室を使って英語教室を開きたいと言い出したとき、軽い気持ちで「やってみれば。応援するで。場所代はタダね(笑)」と答えました。

幸い、本格的な英語が楽しく学べる教室と評判になり、すぐに生徒さんが集まってきました。会社の会議室ではおさまりきれなくなったために教室を賃貸し、講師を雇う規模になりました。とても順調な立ち上がりだったのです。

しかし、規模が大きくなり、宣伝やお金の計算、借入計画といった「英語を教える」こと以外の雑事?が増えるにつれて、AWOIさんの顔から笑顔が減り、また生徒数も頭打ちになってきました。そんなある日、「教えることに専念したい」というAWOIさんからの要望があり、私が経営を見ることになりました。教室をはじめるときに安易に「応援するで」といった因果応報でしょうか、以来10数年、英語教育に関しては全くの門外漢だった私が英語教室の経営をみています。

ところで私はというと…

専門は経営コンサルティングで、英語に関してはPHILOSの中級クラスが精いっぱいの実力です。英語の先生をやる資格がない(笑)しかしこれがよかったようです。その分「あの先生のクラスの生徒さんは長続きする」とか「あの先生のクラスの人は伸びる」といった「先生としての力量」を見ることに専念できたからです。

現在は、PHILOSニュース英語/茅ケ崎梅田校はオンサイト(教室)とオンライン(ZOOM)でクラスを運営しています。英語力では誰にも負けない代表講師のAWOIさんと、教室内では英語の使用を禁止されている私との凸凹コンビがよかったのか、魅力あふれる講師7名、そして180名の生徒さんに恵まれています。

ブログを始めるきっかけは…

このブログは教室経営に携わる中での大きな発見が引き金になってはじまりました。

もう10年近く前ですが、その頃はAWOIさん以外の先生全員がAWOIさんの英語仲間という状態でした。全員が高い英語力を持ち、意識も高い方々で、PHILOS以外でも活躍されていました。

それはそれで素晴らしいことなのですが、一方で、私が新しいクラスを開設したいと思っても皆さん人気講師のためなかなか時間が取れないといったことが起きました。

ならば新しい講師を受け入れるしかないと動いてみしたが、茅ケ崎方式を熟知した講師は求人をしたところで簡単に見つかりません。

そこで思い切った募集をすることにしました。生徒さんから募集する方法です。するとどうでしょう、募集をかけると5名の枠に10数名の応募があり選考しなければならなくなりました。その中で私が担当したのは全員との面談。そして最終的には英語力、何よりPHILOSの先生としてイメージが合うかどうかという目でAWOIさんが数名を選びました。

後から分かったことですが、講師に選ばれた方々はすでに他で講師経験をお持ちで、そのうえでさらに高い英語力を求めてPHILOSで学ばれている意識の高い方々でした。

これを知って、あらためて私は気づきました。

人は「人のために学ぶ」のと「自分のために学ぶ」のでは意識レベルに違いできて人のために学ぶ時に深い学びを得るのだと。もちろん自分のために学ぶとダメなのではなく、きっと自分のためと考える背景に親を喜ばしたいとか、人の役に立つ人になりたいといった他者が存在しているはずです。どちらも良心に根差すものです。「人のために」という良心こそが、人が成長するために必要不可欠なものなのだと。

ちょっと哲学的になってしまいました。話を戻します。

私が再確認したのは「教える気持ちで学ぶ人は伸びる」という法則でした。この法則にはすでに〇〇の法則のような名がついていると思います(私が知らないだけ)。それくらい普遍的なものですが、実体験した私にとっては目からウロコでした。

ブログの目的について。

このブログを読んでいるあなたは英語力を高めたい人です。そしてここまで読んでくださったあなたはもうお気づきですね。私は「あなたの英語力を劇的に高めるために、あなたが英語を教える」ことを勧めています。

さあ、英語力を高めるためにすぐにでも英語を教える計画を立てましょう。スタートは3か月後、半年後からで十分です。教える相手は英語を習ったことのない小学生でも、英語が苦手な友達でも構いません。有償でも無償でも構いません。教えると決めて今日から英語に向き合ってみてください。くれぐれも「教えるつもり」でやらないように。それでは効果は出ませんので。

そしてこのブログは、英語を教えると決めたあなたに、教える際に必要となる教材を無料で提供するのが目的です。このブログに掲載したものはすべてPHILOSで実際に使用したものです。これらを使って教えてみるのも手です。あなたが教材に困らないように、毎週更新するようにしています。まずは身近なものの活用からはじめましょう。最初からハードルを上げるとしんどいですからね。

最後に「行動する」あなたに提案です。

もしあなたが茅ケ崎方式の教材を使って英語を教えたい、教室を開きたいとお考えなら、私どもにサポートする準備があります。私の知る限り「やりたい」と思った段階で英語力はさして重要ではありません。それは後からどうにでもなります。お気軽に私にご連絡ください。

ご連絡はこちらから

追伸…

こんな私も最近、英語の学習を再開しました。クラスには参加していませんが、茅ヶ崎plusの動画レッスンは作り手でありながらヘビーユーザーです。最近、リスニングが伸びているのを実感します。語彙も増えてきました。いつか、講師になるかも知れません…

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る